【英文法】現在完了形の絶対的な1つのルールを真面目に解説してみる

2020年5月2日土曜日

英文法

t f B! P L
英語は日本語と比べて、時制を意識する言語です。例えばXの地点が現在で、Xの地点の話なら現在形(現在進行形)、それより前なら過去形、それより先なら未来形と、これらの時制は多くの人が理解できると思います。

ただ、1つ理解が難しいのが現在完了形です。今回は現在完了形の覚えないといけない1つのルールをご紹介します。




現在完了形のルール:時間に幅があり、必ず現在を含んでいる

現在完了形
色々な人が難しい説明していますが、現在完了形の絶対的なルールは時間に幅があり、必ず現在を含んでいるということです。なぜ分かりづらいかと言うと、日本語にはない時制だからです。

時間に幅があるというはどこかはっきりした一点の時間を指すことはできないということです。「一点を指すことはできず、必ず現在を含んでいる」というのはイメージ的には下記のイメージのような感じです。

※p.p.は過去分詞のpast participleの略です。
現在完了形

これが現在完了形のイメージです。どこかの過去の時点(例えば3時間前、昨日、先週、先月、去年)から(これが時間の幅)、現在を含んでいる時制です。

よく「現在完了形は動作の完了、継続、経験を表す」とか言っていますが、これだけでは意味が分からなくないですか?しかし、時間に幅があり、必ず現在を含んでいるという根本を理解しているとこの説明も分かってきます。

現在完了形の動作の完了

これは現在のXの時点で何かの行動を終えているかどうか?ということです。現在時点と言っているので、現在完了形を使えます。常に「今の時点で」と言ってみると分かりやすいでしょう。

Have you eaten lunch yet?
((今の時点で)もう昼食を食べましたか?)

動作の完了の場合はyetalreadyなどと一緒に使われることが多いです。

現在完了形の継続

継続も表現することができますが、いつ始めているかは問題ではなく、何度も言いますが大事なのは時間に幅があり、必ず現在を含んでいるということは変わりありません。現在を含んでいるので、いつからか始めたことが現在も続いている時に使えます。

I have been studying English for ten years.
((今の時点で)英語を10年勉強しています)

継続の場合はforsinceなどと一緒に使われることが多いです。

現在完了形と現在完了進行形の違い

I have been studying English for ten yearsは現在完了進行形です。現在完了形と現在完了進行形の違いは何って思った人もいるかもしれませんが、これは今の時点で続けているか今の時点でもう完了しているかです。例えば

1) He has been painting his room.
2) He has painted his room.

この2つの違いは、

1)今の時点でもまだ続けている(壁塗りの途中のようなイメージ)
2)今の時点でもう終わっているイメージです。

要するに現在完了形におなじみの現在進行形(〜ing)の意味が加わったと考えれば分かりやすいと思います。

ただし、これにも気をつけなればならないことがあって、状態を表す動詞はingにならないので注意です。例えばknowです。この辺も英語を学び続ければ感覚的に分かってくると思います(このかたちは聞いたことないと気づくはずです)。

I have known him since 2010.
(2010年から彼を知っています)

現在完了形の経験

これもXの今時点で経験ある?って聞いているだけです。いつ経験したとか、何回経験したとかは関係ありません。重要なのは「現時点」で経験あるかないかです。

Have you ever been to New York?
((今の時点で)ニューヨークに行ったことありますか?)

過去完了形、未来完了形も基本は現在完了形と同じ

過去完了形、未来完了形なども過去のある時点、未来のある時点を含んでそれまでに完了したか、経験したか?です。この考えがあればそれほど難しくはないと思います。

現在完了形の動作の完了、継続、経験の使い分けが難しい場合

原理は理解してもとっさに使い分けるのは難しい人もいるでしょう。経験上ですが、正直「完了、継続、経験」の細かいことを意識しなくても、何度も言うように「時間に幅があり」「現在を軸に」話をしているときは大体使えます。話して使ってみると感覚的に分かってきます。

「時間に幅があり、必ず現在を含んでいる」さえ外さなければいちいちこれはこうだから、、と考える必要はないですね。

現在完了のまとめ

今回の話を理解すれば以下の2つの文章の違いが分かると思います。

1) My laptop was broken.
2) My laptop has been broken.

1)は「パソコンが壊れた」という過去の事実を伝えているだけです。そのパソコンが今使えるかどうかは不明です。

2)は「パソコンが壊れた」という過去の事実があって、その壊れた状態が今も続いている(今も使えない)ことを伝えています。

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ