【英語のリスニング】映画を使ったリスニング勉強法の注意点

2020年5月16日土曜日

リスニング 英語勉強法

t f B! P L
映画を使ったリスニングの勉強法ってよく聞きませんか?確かに実際に人が理解できることなので、映画のセリフを使ったり、聞き取れたりすれば通じると思いますが、意外と落とし穴もあると思います。今回は効率の良いリスニング教材としての映画の落とし穴と効率よくリスニングするためには何を使えば良いのかお伝えしようと思います。


英語のリスニング教材としての映画の落とし穴:2時間の映画で役者が話している時間は何分?

リスニング

私が個人的に非効率だなと思っているのは、映画の中でセリフがある時間は何分か?ということです。つまり2時間の映画の中でセリフを言っている時間は2時間ではないということです。ヘタしたら1時間もないかもしれません。これは結構非効率ではないですか?

大前提としてリスニングは音の変化とかちょっとしたテクニックみたいなものもありますが、結局、音を聞かないといけないのでどれだけ集中して話を聞いたかも重要です。会話が多い映画なら良いのですが、映像シーンが多い映画は避けた方が効率的だと思います。

英語のリスニング教材としての映画の落とし穴:あまりにも自分の生活範囲とかけ離れている映画を見ている

個人的には映画を理解することは、英語に関してトップ3に入るぐらい難しいことだと思っています。セリフは基本早口ですし、難しい表現もたくさん出てきます。シーンとシーンの繋がりなども理解しないといけません。

ただでさえ理解の難しい映画を一生懸命聞いても、自分の現実世界とあまりにもかけ離れた内容であれば、調べた表現も使わないし、聞く機会もありません。

英語を勉強するという観点では、時間的に非効率、理解が難しい上にあまりに自分の生活とかけ離れた内容の映画だと効果が期待できないという理由から、個人的にはあまり映画はおすすめしません。楽しむ分には好きなように見てください。

英語のリスニング教材としての向いているもの:トーク番組

映画ではなくて何で学べば良いかと思った方は、YouTubeなどで英語のトーク番組を見ることをおすすめします。会話の内容もありふれた内容が多いですし、何よりマシンガンのように会話します。個人的によく見ているトーク番組は下記の3つです。

TheEllenShow

The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

The Late Show with Stephen Colbert

他にもたくさんありますが、俳優やスポーツ選手、実業家、政治家やトランプ大統領まで様々な分野のゲストが来るのでいろいろな話をします。

内容もよくありそうな話が多いのでおすすめします。私はソフトウェアエンジニアなので、ITの話をしている英語を話しているYouTuberの動画もよく見ています。ぜひ、興味のあるトーク番組を探してみてください。

英語のリスニング教材としての向いているもの:VOA

VOAとはVoice of Americaの略で、アメリカ合衆国政府が運営する国営放送です。国際的な放送でよく知られている放送局の一つで、英語を母語としない人々に向けて、平易な語彙と文法を用いて、通常のスピードよりゆっくりとした速さでアナウンサーが話す英語放送です

VOAはアプリもあるので通勤中なども聞けます。毎日更新されるので新しい英語のリスニング教材が毎日出てきます。上記のトーク番組が辛い方はまずはVOAからチャレンジしても良いと思います。

ただし、VOAはかなりゆっくりなので、VOAが理解できても上記のトーク番組のような英語を聞き取れるとは限りませんので、がっかりしないようにしましょう。

いずれにせよ、VOAがわからないレベルではその上のレベルは始まらないので、時間をしっかり確保して地道にやっていくのがいいでしょう。

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ