英語ができないマインドセット・言動

2020年7月1日水曜日

コラム

t f B! P L
今回は私が見てきた英語ができない人のマインドセット(気持ちの持ち方・心構え)・言動をお伝えしようと思います。いろいろ聞かれてきましたが、この人できないだろうと思う人のマインドセット・言動は大体似ています。


英語ができないマインドセット:ビビっている

英語ができないマインドセット・言動
日本の教育の影響なのか、勉強しても英語ができない人の大半が外国人をビビっているもしくは間違えることが恥ずかしいと思って話せなくなっているです。これは耳にたこができるぐらい聞いていると思いますが、耳にたこができるぐらい聞いているってことは、英語ができる人多くの人がそう思っているということです。

私もこれには同意で、実際に外国人を前にしたとき、ビビっている人は良くわかります。例えば、話している最中に話を振られないように外国人に背を向けたり、スマホをいじり始めます。

こういう気持ちではいくら勉強しても難しいかなと思います。体育会系のようなことを言いますが、英語を話すには間違えも恐れない、恥も恐れない度胸が必要です。

英語ができないマインドセット:プライドが高い

ビビっていると似ていますが、かっこ悪い姿を見せたくないと思っているプライドが高い人は英語を身に付けることは難しいと思います。英語をやっていると100回、1000回と間違えます。その状況に耐えられない人は難しいです。

英語ができないマインドセット:言い訳が多い

これもかなり言われていることですが、「時間がないからできない」「お金がないからできない」「子育てが大変だ」など言い訳が多い人は英語は難しいでしょう。1日1時間勉強する時間もない人なんておそらくいないはずです。

1時間でなくても初めは5分で良いです。5分も続かないようなら諦めましょう。

英語ができないマインドセット:インプットがインプットで止まっていて、アプトプットまでがインプットと思っていない

英語以外でもそうですが、インプットしてアウトプットするまでがその人にとってインプットなのですが、インプットをしてインプットまでで止まっている人はなかなか難しいと思います。英語は口に出して使ってみる、書いてみるまでをセットにしないとすぐ忘れます。

アウトプットまでが自分のインプットと思って学びましょう。

英語ができないマインドセット:完璧な英語を求めている

文法、単語、発音が完璧でないと英語が通じない、恥ずかしくて話せないと思っている人も難しいでしょう。学び続けてある程度余裕が出てくると分かりますが、誰も完璧な英語を話していません。例えば発音でも、フランス人はフランス語のような英語に聞こえるし、韓国人は韓国語のような英語に聞こえます。日本人はカタカタ英語のように聞こえます。

通じないような発音だと困りますが、カタカナ英語でも相手に通じれば何も問題ありません。

英語ができないマインドセット:人に興味がない

これは結構重要ですが、人に興味がないのにどうやって話すのか謎です。英語を話すにはこの人と話したい、この人に興味があるという気持ちがないとなかなか言葉が出てこないと思います。

1人が好きな人はこの傾向があるかもしれませんね。まずは日本語で良いので、いろいろなあまり絡んだことない同僚や学校の友人などを積極的誘って、日本語で話すところから始めた方が良いかもしれません。

英語ができないマインドセット:達成するゴールがない

学生の時からやっている人はその流れで良いと思いますが、社会人になって学ぶからにはざっくりでも何かのゴールを決めるべきだと思います。「今の職場の英語のミーティングを理解できるようにする」「仕事の後のバーで積極的に外国人と会話を楽しむ」「来年の海外大学院進学を目指す」などゴールを決めましょう。

ゴールを決めたら勉強方法も勉強内容も変わってきます。だらだらやっていても難しいです。あとこちらでも書きましたが英語のテストで高得点目的はあまりおすすめしません。テストはあくまで力試しにした方がよいです。

モンゴルのことわざ

モンゴルのことわざに私の好きなことわざがあります。私はモンゴル語は書けないので日本語でそのことわざの意味を書くと

恐れるならするな、するなら恐れるな

です。まさに英語の勉強はこれで、いろいろ学んで失敗して身に付けていくものだと思います。上記でも書いたように間違ったらかっこ悪いとか変にプライドが高いと身に付けるのは難しいので、恐れずにどんどんトライしましょう。周りに笑われたら放っておきましょう。

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ