speak, say, talk, tellの違いはフォーカスしているところ

2020年7月22日水曜日

英単語 英単語の意味の違い 知らないと理解できない表現

t f B! P L
話すや言うというときにspeak, say, talk, tellなどの動詞を使うと思いますが、これらの英単語の違いは何でしょうか?今回はspeak, say, talk, tellが何に焦点を当てているかをお伝えします。


seapkは必ずしも相手を必要とせず、話すこと自体にフォーカスしている

speak, say, talk, tellの違いはフォーカスしているところ
speakは相手との会話というより、話すという行為自体のことを表しています。声を発する、言語を話すというイメージです。言語や言葉を話す場合はspeakが使えるでしょう。

話すこと自体にフォーカスしているので、話す内容はspeakの後に基本的には来ません。話す内容を付け加えるにはaboutを続けます。誰かに話すときはtoを続けます。

また、speakは少し堅いイメージがあるので、友達と話すというより、公式な話しというイメージが連想できます。

名詞がspeechなので、そこからも一方的に公式な場で話すようなイメージが連想できます。

sayは必ずしも相手を必要とせず、話す内容にフォーカスしている

sayは相手を必要とはしない点ではspeakと同じですが、sayは話す内容にフォーカスしています。なのでsayのあとは基本的にはthat節などで話す内容が続きます。

また、sayは人が何かを言うとき以外にも使われることがあって、手紙やメール、何かの掲示板などに書かれている(=言っている)と考え、人以外にもsayを使うこともあります。

talkは相手を必要とし、話すこと自体にフォーカスしている

talkは日常的な会話の意味合いが強くやりとりできる相手が必要です。なので話し相手がいることが基本です。

speakと違って、気軽な話しや打ち合わせなどのイメージがあり、親しさもあるのがtalkです。友達、親しい同僚、兄弟などと話すときはtalkがよいでしょう。また、speakのように一方的に話すようなイメージはなく、お互いがワイワイしているようなイメージがあります。

speakと同じで話すこと自体にフォーカスしているので、話す内容を付け加えたい場合は、aboutなどの前置詞が必要です。

tellは相手を必要とし、内容にフォーカスしている

tellは何かを伝えるという意味があり、伝えるための相手が必要となります。tellは伝える行為よりも伝える内容にフォーカスしていて、that節などで話す内容などが続くことがあります。

伝えるイメージなので、話し手の考えや意見がまとまっています。

それぞれの英単語にちょっとした違いはありますが、あまり深く考えなくても通じるので、混乱して会話が止まるぐらいなら思いついた英単語を言ってしまっても問題ないことも多いです。

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ