【海外生活の学び】「使っていいですか?」という問いに対して「Yes」という返答と「No」という返答がある

2020年9月27日日曜日

コラム

t f B! P L
いつもは、いろいろな英語表現を紹介していることが多いですが、今回は、私がアメリカにいたときに学んだことを書こうと思います。

私がアメリカにいたときに一番の学びはタイトルにもあるように使っていいですか?という問いに対して「Yes」という返答と「No」という返答があるということです。


日本で生活していると勝手にYesという返答が当然だと思っている

海外の学び
私はアメリカのサンフランシスコに数年住んでいたのですが、これはホームステイしていた時期の話です。そのホームステイ先には10歳の男の子と12歳の女の子がいました。あるときバスケットをしようという話になって近くの公園に行くことになりました。

公園に着くとなぜかバスケットゴールの下で寝ている男性がいました。バスケットをするためにはどいて欲しいので、「すみません、バスケットやりたいのでどいてもらえますか?」と私は聞きました。

するとその男性は「No」と言いました。

今あなたがこの状況に直面したときに「え?何で?」と思ったのであるとしたら、タイトルに書かれている「使っていいですか?」という問いに対して「Yes」という答えと「No」という答えがあるということが分かっていないかもしれません。

当時の私も「え?何で?」と思い、良い気分はしませんでした。しかし、一緒に行った2人の子供達はただ一言「OK」と言って「じゃあ違う公園に行こう」と言い出して文句一つ言いませんでした。

この感覚って日本にいたら「え?」ってなりますよね。ただこのとき私はYesとNoの二択の選択肢を与える質問をしているのにも関わらず、男性の返答はYesしかないと勝手に思い込んでいたことに気付きました。

私には寝ていた男性へのリスペクトがなかった

その2人の子供と私の違いはそこで寝ていた男性へのリスペクトの差です。もちろんその男性がルールを破っているのであれば話は別ですが、そこで寝てはいけないというルールはないですし、なりより自分たちより早くその場所を使っていたことをその子供たちはリスペクトしていたのです。私は出来ていませんでした。むしろ自分のエゴで「どいてくれるのが普通だろう」と思っていました。「何あの人、性格悪いな」と圧倒的に考えが偏りすぎてました。

これに気付いてから仕事でもプライベートでも違う意見を言われたり、逆の意見を言われてもしっかり筋やロジックが成立していればより冷静に受け入れられることが多くなりました。この考え方の偏りは無意識レベルなので、今の日本の文化や環境、教育だけではなかなか気付けないことだと思います。

日本いると同調圧力、大多数の意見が正解ということをよく聞くと思いますが、日本人の中でも色々な考えがあるはずなのに、そのような偏った考え方を多くの人が持っているため、レールから外れると誰かを叩いたり、悪口を言ったりするこの社会の風潮が色々な人を苦しめているのだと思っています。

少子化などによる人口減少などにより仕事においても日本だけのマーケットは苦しいですし、これから日本をもう一段階、二段階発展させたり、守っていこうとしたときに、一度日本を飛び出さないと守れるものも守れないのではないかと思います。英語を学ぶのも大事なのですが、いろいろな価値観や考えに触れて自分の視野がいかに狭いかを気付く必要があると思います。

この記事を読んだ人にはぜひ「使っていいですか?」という問いに対して「Yes」という返答と「No」という返答があるということを覚えておいて欲しいです。相手のことをリスペクトすれば、「あいつムカつく」「この子嫌い」などという低次元な話にはならないでしょう。人間関係もかなり楽になるはずです。考え方の視野も広がるでしょう。

今はコロナウイルスで難しいですが、個人的にはこれから海外に出ていろいろ戦う日本人が増えて欲しいと思っています。そして、日本がいろいろな考え方が普通に受け入れられる社会になるように一人一人が行動するべきだと思います。

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ