IELTSは何のためのテスト?IELTSの当日の流れを紹介します

2020年7月7日火曜日

コラム

t f B! P L
IELTSという英語のテストをご存知でしょうか?一言でいうとTOEFLのイギリス版のような感じです。IELTSはacademic(アカデミック)とgeneral(ジェネラル)と2つのテストがありどちらかを決めて受験します。今回は私が去年受けたIELTSの当日の流れについて経験談を紹介します。


IELTSとは?

IELTSは何のためのテスト?IELTSの当日の流れを紹介します
IELTSとはTOEFLと似ていて、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングをそれぞれテストして0.5点刻みで9.0が各項目の満点です。その4技能の平均点がoverallとして出てきます。

満点が9.0で0.5点刻みなので0.5点を上げることが点数が上がれば上がるほど難しくなってきます。ネイティブですら満点とるのは難しいという話も聞きます。

最近はコンピュータベースのテストも出てきたようですが、私が受けた時はスピーキング以外はペーパーテストでした。スピーキングはネイティブとの1対1の面接形式の英会話になります。

申し込み時に1dayと2daysを選択する必要があり、1dayだと4技能全てを1日で終わらせます。2daysは1日目(大体土曜日)にスピーキング以外を終わらせて、2日目にスピーキングのみを行います

1dayの方が人気でほとんどの日程で1dayが先に満席になってしまうので、受ける方で1day希望の方は早めに日程を抑えてしまう方が良いでしょう。金額は細かいところまで覚えていませんが25,000円ぐらいだったような気がします(間違ってたらごめんなさい)。

IELTSはacademic(アカデミック)とgeneral(ジェネラル)の違い

IELTSはacademic(アカデミック)とgeneral(ジェネラル)のどちらを受けるかは目的によって違います。名前から想像できると思いますが、academic(アカデミック)は大学や大学院の進学の英語力証明(足切り)に使います。

最近ではアメリカの大学でも採用するところが増えてきているようです。ちなみに詳細は専門サイトで確認して欲しいですが、ハーバード大学でoverall 7.0が必要です。トップレベルの大学はだいたい7.0や7.5ぐらいを足切りに設定しています。

一方、general(ジェネラル)は移住や永住権取得などに使われます。私はgeneral(ジェネラル)を受けました(コロナで計画が崩れ去りましたが、、orz)。

永住権申請のための点数は国や年齢によって必要なスコアは変わってきます。例えば去年の私の場合は、リスニング:8.5、リーディング:8.0、ライティング:7.5、スピーキング:7.5が必要でした。なぜかというとそれ以上の点数を取得しても評価が変わらないからです。全て9.0をとる必要はありませんでした。

academic(アカデミック)とgeneral(ジェネラル)では内容が少し異なります。違いはライティングとリーディングです。リスニングとスピーキングは同じテストを受けます。

IELTSの当日の流れ

会場につくと、荷物置きの部屋に行って、自分の荷物にを保管します。と言ってもロッカーなどではなく、大きなゴミ袋に自分の名前のシールを貼って、自分のパスポートにも同じシールを貼り付けます。テストが終わった後に出口でチェックされて荷物の盗難防止をしているようです。

試験教室はまた別で、持ち込めるのは鉛筆、消しゴム、ラベルを剥がした透明のペットボトル、パスポートです。

荷物をまとめて上記の持ち物を用意したら、パスポートで顔チェックされて、その流れで写真撮影をします。ここが結構混みます。そこを通過すると試験会場に入れます。試験会場までにたどり着くまでにいろいろあるので、初めての人はちょっと気持ち早めに到着がいいかもしれません。

IELTSの当日の流れ:試験会場に入った後の罠

罠1:トイレに気軽に行けない

試験会場に入ると1つ気を付けないといけないことがあります。それは気軽にトイレに行けませんw。おそらく替玉受験を防ぐためだと思いますが、試験会場に入ってしまうと、係の人に声をかけてパスポートを持って試験会場を出ます。そして係の人がトイレに付いてきます。トイレは写真撮影の前に済ましておいた方が良いでしょう。

また、テスト中も係の人が付いてくるらしく、しかもテスト時間を使ってしまうので、トイレはかなり恐怖ですwテスト順番はライティング、リーディング、リスニング、スピーキングの順番で、リスニングまでが12:30ぐらいまでで終わるので、最悪そこまでトイレに行けないと思った方が良いでしょう(各テストの間の休憩はありません)。

ですので、水の入ったペットボトルを持ち込めますが、ガブ飲みは止めましょうw(マジで)。

罠2:香水

TOEICと少し違うのは外国人も受験する人が多いです。外国人の中には香水が物凄くキツイ人がいました。前回私は目の前に女性の外国人が座っていて香水がキツすぎて気持ち悪くなりました。リスニングが終わるまで休憩なしという拷問の中で、集中力がどれだけ続くかもIELTSのスコアにおいて重要なので、気が散る席だと結構大変です。

ただ席順は運なので、ここは祈りましょう。ちなみに前回、私は上記+エアコンの風が直にヒットする席でした。

IELTSの当日の流れ:リスニングが終わったら

リスニングが終わったら、2daysの人はその日は終わりです。スピーキングの会場は1日目と違うことがあるのでよく確認しましょう。1dayは受けたことがないのですが、時間になるまで昼食を取ったりできると思います。

IELTSの4技能の中では個人的はライティングが一番難しい

4技能の中ではライティングが一番難しいと思っています。事実、ライティングが一番点数低かったです。高得点を取るにはスペルミスなどをなくして、様々な表現で書く必要があるようです。時制も重要で現在完了などを使う必要があるでしょう。

ここにも罠があって、コンピュータなら問題ないのですが、ライティングのペーパーテストはアイデアの差し込みが時間がなくてほぼできません。お題に対して書き始めて、あとでアイデアが出てきた場合、文字を書くスペースがないので挿入位置から全てを消すことになります。まずこの時点で書き終えるのはかなり難しいでしょう。

なので、問題用紙に書き込めるので、ざっくりでも文章構成を先に考えて、文章の流れを箇条書きにした方が良いでしょう。問題は2問あって問1は150 words以上、問2が250 words以上と最低単語数が決まっているので、単語数を気にしながら書く必要もあるので、思いの外時間はかかります。

ちょっと受験料が高いので、あまり気軽に受けることができませんが、IETLSは英語の総合力が必要なので、留学や移住の目的がなくても年1回ぐらいIETLSで力試しをしても面白いと思います。

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ