【あとで】【直後に】は英語で何て言う?【after】【afterwards】【later】【 in】の使い分け

2021年5月29日土曜日

意外と言えない表現 英単語 色々な言い方がある表現 知らないと理解できない表現

t f B! P L
「ミーティング後に連絡します」「3週間後にアメリカに行きます」「ランチのあと、スタバに行こう」などとよく言いますが、after, afterwards, later, inの使い分けは出来ていますでしょうか?

若干感覚みたいなところがありますが、それらの違いを紹介します。


「after」「afterwards」「later」「in」の使い分け

【あとで】【直後に】は英語で何て言う?after, afterwards, later, inの使い分け

after

after「〜のあとで」ですが、特にはっきりとした時間はなく漠然としています。漠然としていますが、一般的によく使われます。

I'll call you after the meeting.
(ミーティング後に電話しますね)



この例文はミーティングのあと何分後に電話をするのか分かりませんが、漠然とミーティング後に電話しますよと伝えています。

Let's drink after work.
(仕事のあと飲もうよ)



この場合は、仕事のあと(何時か知らないけど)飲みに行こうよと言っています。このあと「何時にする?」みたいな会話が続くでしょう。

afterwards

afterwardsの「あとで」には「直後に」という意味が含まれています。副詞なので、文頭、文末などいろいろなところに入ってきます。

「何かの直後」なので、afterwardsを使うときは直後の対象となるイベントや行動を伝えることが多いでしょう。

Let's have a lunch and go to Starbucks afterwards.
(お昼を食べてからスターバックスに行こう)



この場合は、「ランチ」というイベントの直後に、スターバックスに行こうと伝えています。

あと補足ですが、afterwardsは最後のsが付くときと付かないときがありますが、意味の違いや使い分けはなく、経験上どちらを使っても問題ないはずです。

later

laterある出来事やイベント、行動などのあとにという意味の「あとで」になります。afterwardsとほぼ同じ使い方でしょう。

afterwardsの違いとしては具体的にthree days later, three weeks laterなどと時間と一緒に使われることもあります。

逆にafterwardsと同様に例えば仕事中であれば、漠然と仕事のあとにという意味で使われることもあります。

I met my wife five years ago and then got married two years later.
(私は妻と5年前に出会い、その2年後に結婚しました)



この例文の場合は、「妻と5年前に出会った」というイベントを起点に「2年後に結婚しました」という意味になります。

具体的な時間と一緒に使う場合はlaterも時間の起点がないと、例えば「何の3日後?」と意味が分からなくなってしまいます。

ただし、英語を勉強している人はI'll do it laterなどと聞いたことがあると思います。この場合は漠然としていますが、起点となることは話の内容や現時点で、そこから「あとでやるよ」となります。

「宿題やりなさい」と言われたら、今言われたことを起点に「あとでやるよ」というイメージです。

今を起点にして「あとで」と言いたい場合はinを使う

前置詞のinは「〜の中で」という意味で使われるのは有名ですが、実は時間で使うと今を起点として30分後、2週間後などと表すことができます。

なので、上記で紹介した起点のようなことを言う必要はなくなります。ただし、inを使う場合は具体的な時間と一緒に使います

in thirty minutes(30分後)
in two hours(2時間後)
in three days(3日後)
in six months(半年後)
in five years(5年後)
などです。

I'll go to United States in two weeks.
(2週間後にアメリカに行きます)



上記の例で、two weeks laterと言っても、人間なので伝わらないことはないと思いますが、違和感はあります。

いろいろ紹介してきましたが、このあたりはどんどん使って感覚で覚える必要があるかもしれません。

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ