【英文法】wouldは過去から見た未来を表現する

2020年5月22日金曜日

英文法

t f B! P L
willは未来を表す英単語として有名ですが、未来を表すwillになぜか過去形があります。それがwouldです。実はwouldはいろいろなことに使えるので、使いこなすのは大変なのですが、まずは簡単なところから抑えていきましょう。


wouldは過去の時点から見た未来

would
未来のwillの過去形wouldが存在する理由の1つに過去から見た未来があります。例えば、夕方家に帰ってきたときに彼女が「あれ?傘持っていたの?」と聞いてきた場合、何て答えますか?

「いや、朝は雨が降ると思ってた」

っていいますよね。この時の「雨が降る」の時制ってどうなりますか?微妙なところですよね。朝の時点では未来の話だし、今の時点(家に帰ってきた時点)では過去の話になっています。これがwouldの使いどころです。この「雨が降る」は朝の時点(過去)から見ると未来なわけです。

上記の日本語を英語にすると下記のようになります。

I thought that it would rain.

また、willと似たような表現にbe going toがありますが、wouldもwas going toもしくはwere going toにすれば同じことが言えます。

I thought that it was going to rain.

これがwouldの使い方の1つになります。

過去から見た未来を使うと時を表す副詞が変わる

過去から見た未来を使うと時を表す副詞が変わる単語があります。代表的なものは

その日:that day
その日の晩:that evening
翌日:the next day
前日:the day before

などがあります。例えば、翌日はtomorrowですが、the next dayとなります。


I went shopping because typhoon would come the next day.
(次の日台風が来ると思って、買い物に行きました)

「買い物をした(しようと思った)時点では次の日(未来)に台風が来ると思っていた」といった感じです。

関連記事:【英文法】過去進行形はなぜ存在するのか?

関連記事:【英文法】現在完了形の絶対的な1つのルールを真面目に解説してみる

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ