【黒字】【赤字】は英語で何て言う?

2021年10月21日木曜日

意外と言えない表現 色々な言い方がある表現 知らないと理解できない表現

t f B! P L
会社などで利益が出ることを「黒字」、マイナスになってしまうことを「赤字」と言いますが、英語で「黒字」「赤字」は何て言うでしょうか?


「黒字」の英語表現

【黒字】【赤字】は英語で何て言う?

profit

「黒字」は英語でprofitと言います。profitは「何かのビジネスでの儲けからコストを引いたお金」です。要するに「利益」です。

The restaurant monthly profit is usually around two million.
(レストランの月の売り上げはだいたい200万円の黒字です)



The profits of this year should be 100 million.
(今年は1億の黒字になるだろう)

profitの意味を英語で説明

Money that you gain from your business.
(ビジネスで得たお金)

surplus

surplusは「必要以上に量があること」を指しますが、お金について使うと「全てのコストを支払ったあとに残ったお金」という意味になるので、「黒字」となります。

基本的にprofitの例文をそのままsurplusに置き換えられると思います。

The balance of payments was in surplus last year.
(昨年の国際収支は黒字でした)



balance of paymentsとは「国や地域などの対外経済取引、つまり輸出と輸入の収支」のことを指していて、「国際収支」という意味になります。

Fortunately we are currently in surplus this year.
(幸運にも、今年は今のところ黒字です)

surplusの意味を英語で説明

the amount of money you have left when you sell more than you buy in business.
(ビジネスで買いよりも売りが多く、あなたに残ったお金の差額)

in the black

in the blackで「黒字」という意味になります。これは日本語と英語が一致しているので覚えやすいですね。

The company has managed to stay in the black for the last three years.
(会社はここ3年間、何とか黒字化できています)



Our business is in the black this year.
(我々のビジネスは今年は黒字です)

in the blackの意味を英語で説明

Earning more money than you spend.
(出費よりも多くのお金を得ること)

「赤字」の英語表現

deficit

deficitは「支出が収入を上回ること」を指すので、そこから「赤字」になります。

The trade balance in Japan has been in deficit for the past two years.
(日本の貿易収支はここ2年間赤字です)



Many countries have a big deficit in food supply.
(多くの国で食料供給の点において大赤字となっている)

deficitの意味を英語で説明

The amount by which money spent is greater than money earned.
(支出が収入を上回っている量)

loss

lossprofitの反対で、「失ったお金」となるので、そこから「赤字」になります。

The banks incurred huge losses.
(銀行は大きな赤字を請け負った)



incurは「負債、損害などを受ける、被る」という意味です。

Our CEO announced a pre-tax loss of three million dollars.
(CEOは税引前の損失が300万ドルだと伝えた)

lossの意味を英語で説明

Money that has been lost in your business.
(ビジネスで失ったお金)

in the red

in the redin the blackの反対です。

We has plunged 100 million yen into the red.
(私たちは1億の赤字に転落した)



plungeは「数値や価格が急落する」「人や状況がある状態に追い込まれる」という意味です。

We has plunged 100 million yen into the red.
(私たちは1億の赤字に転落した)



The company has been in the red for the last two quarters.
(会社は2期連続で赤字です)

in the redの意味を英語で説明

Spending more money than you earn.
(収益以上にお金を費やすこと)



関連記事:【投資する】は英語で何て言う?

関連記事:【borrow】【lend】【rent】の意味の違い

関連記事:【大枚をはたく】【大金を払う】は英語で何て言う?

英語ディクテーションアプリEnglish Buddy

少しでも英語のアウトプットをする機会を作りたいと思い、Google Playで英語のディクテーションアプリを公開しました。

デザインはシンプルですが、ディクテーションの内容は自分の経験したものを使っているので、間違いなく通じます。もしよろしければ下記のURLからダウンロードしてみてください。



Google Playのページはこちら

アプリの紹介はこちら

その他の筆者のスマートフォンアプリ

English Buddyのアプリ以外にもスマートフォンアプリを開発しているので、もしよろしければダウンロードしてみてください。


YURAGI(iPhone版)
YURAGI(Android版)
● 雨、川、火などの自然音が聴けるアプリ
● 仕事中、勉強中、子供の寝かしつけ、ちょっとしたスキマ時間などに癒しの自然音を聴くことができます
● サブスクリプション(最初の1週間はトライアルで無料)アプリですが、無料でも4つの自然音が聴けます
YURAGI無料版動画はこちら


HONEYEATS
● シンプルな食事記録アプリ
● 写真を撮って、アプリ専用のステッカーを付けて毎月の食事の傾向を把握しましょう!!



英語の本で買ってよかった教材:英語耳

「英語耳」という英語教材をご存知でしょうか?私も今までいろいろ英語の本を買って無駄にしてきたこともありますが、今まで買った中で1,2を争うぐらい役に立った英語の本がこの「英語耳」です。

英語耳は発音の教材です。発音は完璧にする必要はないと思いますが、正直なところある程度のレベルにしないとたとえ英語表現を知っていても伝わりません。

また音を知っているとリスニングの伸び方も劇的に変わります。例えば、音がわかる人であれば「she」と「see」の音は全く違います

この単語耳はそれほど厚い本でもなく、何ヶ月も勉強をする必要もなく、1,2週間集中してやる程度で良いと思います。

個人的には即効性もあったので、おすすめの英語教材です。



オンライン英会話のご紹介

私が使っているオンライン英会話サービスのレアジョブです。英語を覚えるには口に出して実際使ってみることが大切です。

(2021年9月17日現在)

●1レッスン129円~から始められる!
●日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
●Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
●豊富な講師(フィリピン)
●5分前まで予約、キャンセルができる
●フリーで話すのもテキストを使って話すのも可能
●支払いも1ヶ月単位で可能


私も実際に使っていて質の高かった講師やオンライン英会話の勉強法をまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

関連記事:オンライン英会話の効果的な勉強法

関連記事:レアジョブのオンライン英会話を受け始めてから100時間(5000分)を超えました

関連記事:レアジョブの英会話レッスンを受けて見つけた質の高い講師を紹介します

レアジョブの無料体験(通常2回、1回25分間)があるのでぜひ登録して試してみてください。

English BuddyのFacebookのいいねやTwitterのフォローお願いします

インスタグラムやFacebook、Twitterに新しい記事を投稿しているので、もしよろしくければ、いいねやフォローお願いします。



インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

このブログを検索

Facebook

QooQ